はじめに

皆さんは学習塾に何を期待されていますか?
なぜ、学校の勉強だけでは物足りないのでしょうか?

学校では、5教科(入試科目)の勉強のほかに、社会性を養うことや体力を作ること、芸術科目による感性を磨くことにも多くの時間が割かれます。これらはとても重要なことで、人間が最低限必要な要件として身に着けておかなければなりません。

しかし、よりレベルの高い生活を実現したいと思うとき、現代の社会では高度な知識の充実とその知識を使った応用力の養成が重要になってきます。

日本が戦後、歴史的な高度成長をしてきた背景に、教育制度の充実があったことは誰も疑う人はいないでしょう。また、その裏に学習塾が存在し、陰で支えていたのも皆さんが認めるところです。

人生100年時代が訪れようとしています。小学4年生から高校3年生までの僅か9年間の過ごし方で、残り80年の人生のおおよそが決まります。中学入試・高校入試・大学入試は、この9年間のアクセントになっています。

理数進学ゼミナールでは、その中の高校入試に焦点をあて、学校だけの勉強では不十分な知識の定着と、詰め込んだ知識の上手な応用の仕方を教えていきます。そして、高校入試を当面の目標に設定し、目標を達成したときの素晴らしさを生徒に体感させます。

また、少人数集団指導のメリットを活かし、生徒同士が切磋琢磨して学力向上が図れるように指導していきます。個別指導の塾ではできない、厳しく活気ある授業がそこには展開されます。

勉強はくラク苦しいものだと思われがちですが、知識が充実し、今まで分からなかったものを理解し、解けなかった問題が解けたときの喜びはとても気持ちが良いものです。理数進学ゼミナールは明るく楽しい雰囲気の中これを実現させます。

理数進学ゼミナール 代表 瀬田昌昭